パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りカニカマ

フランスのカニカマは以前書いたカニカマの記事にもあるように、
見た目はカニカマなのですが、日本のとはちょっと違って切り込みを入れたシートを
クルクルと丸めたようなシロモノでした。。。
なので、食感的に「カニ度」が低く、細くタテに裂くのもなかなか大変なのです。

しかし、今年入ってからかな?見かけたこちらの商品、
今までのカニカマとはちょっと違い、なかなか気に入っています。

ビジュアル的にも「カニ足」を意識したカットで、
味もなかなか美味しいです。
以前手巻き寿司パーティーにお呼ばれした時に持って行った時も好評でした^^
Kanikama_00_convert_20121202100057.jpg

そして今までのカニカマでは難しい「細くタテに裂く」ことが簡単に出来る♪
kanikama_01_convert_20121202100135.jpg

他の一般的なカニカマと比べて多少割高ですが、
ビジュアルと使いやすさで最近はこればかり使っています(^-^)♪



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。


パリで買えるお米

先月引っ越しの際にインターネットのプロバイダを(Orange)に変更したのですが、
さすがフランス。すぐには来てくれません。。。

「現在忙しいのでお宅に行けるのは来月になります。」と言われたので、
引っ越し前に使っていたプロバイダ(Free)に住所変更を依頼したところ、
4日くらいで「住所変更完了しました」との連絡が!
意外な対応の早さにビックリ&ウキウキでインターネットを使おうと機器を設置してみると、

。。。つながらない...

嫌な予感は的中。
原因は、「間違えてお向かいのアパートに繋げてしまった」との事。。。

きっとお向かいさんも何かしら影響が出ているであろうと心の隅で思いつつ、
ある意味、(期待させておいて裏切られるという...)まさにその期待を裏切らない

「安心の仏蘭西クオリティ」

を、改めて実感しました。

(Freeには今年の夏休みの時にも2週間滞在する別の場所でネットが知らない間に使えなくなっていて、
「お宅に行けるのは3週間後です」と言われ、結局夏休み中ネットが使えなかった。。。)


と、いうわけで結局約1ヶ月間ネットを自由に使えない環境が続いていました...(泣
インターネットの便利さにどっぷり浸かりまくっている人間には、
携帯だけではもう生きて行くのに大変なご時世だと実感しました。。。

新規契約の顧客に対して日本であればもっと早く来てくれると思うのですが、
やはりこの国ではすんなりと事がスムーズに運ぶのは難しいです。

とは言え、ようやくつながったのでブログも書ける事になり一安心です(^-^)
もしご心配してくださる方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。ちゃんと生きております(笑

今回のブログはお米です。

日本ではどこのスーパーでも買えるジャポニカ米。
フランスではお米はスーパーなどでも売っているのですが、大体はタイ米やインディカ米といった
細長いお米が多いです。(寿司用のお米も売っていますが1キロ単位で味もイマイチ)

と、いうわけでアジア食材店で売っているいろんなお米を試してみたのですが、
結果私が一番気に入っているのはこちら。

イタリア産こしひかりの「ゆめにしき」
yumenishiki_0.jpg


イタリア料理と言えば日本のおじやの様な「リゾット」も有名で、
お米の形もジャポニカ米を一回り大きくさせたようなお米です。

しかもこちらの品種はちゃんとしたコシヒカリ。
イタリアでも米栽培がされていたためでしょうか、品質的にも損傷なく美味しいです。
価格もお店によりますが、10キロで日本円で大体4000円くらいです。
yumenishiki_1.jpg


炊飯器は日本から持ってきたやつを2年前に間違って壊してしまったので
今は厚手のお鍋で炊いていますが、コツをつかむと炊飯器より早く炊けて便利です^^



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。


夏らしい一品。

最近ようやく暑い日がちらほら増えてきたフランス。

6月に実家から送ってもらったアイテムがようやく活躍する時がやってきました。

そのアイテムとは、「ところてん突き」

ところてん好きな私は日本にいた時、夏に限らずパックのところてんをスーパーで買っていたのですが
こちらではなかなか手に入らない一品。

今までは包丁で切って作成していたのですが、
毎回切るのが面倒でした(笑

寒天はアジア食材店で手軽に購入でき、常備しているのですぐに作れます^^
まずはバットに寒天作り。
そしてところてん突き。
ネットで吟味してビジュアル的にも涼やかな竹製をチョイス。
IMG_6557_convert_20120817084114.jpg

そして私の大好きなこちらの青のり^^
日本から持ってきたものが切れていたので今回買って送ってもらいました♪
この磯の香りがなんともところてんとよく合います(^0^)
IMG_6563_convert_20120817084231.jpg


そしてシンプルに酢醤油に青のりを乗っけます♪
IMG_6561_convert_20120817084156.jpg


到着してから夏を待たずに結構な頻度で作っているのですが、
やはり暑い時に食べるところてんは美味しいです♪




ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

パリのアジア食材店

パリの13区にはたくさんのアジア食材店があります。
大小様々ですが、特に有名なのはこの3店。
他のアジア食材にまぎれて日本食材もちらほら置いてあります。

ビッグ・ストア「第一大商場」
こちらはなぜか日本酒が充実しています。
IMG_1355_convert_20120425062547.jpg

IMG_1356_convert_20120425074529.jpg

パリ・ストア「巴黎超級市場」
アジア食材店の中では落ち着いた雰囲気で、入り口で荷物を預けて店内に入ります。
タイ米のもち米もありますが、
こちらではジャポニカ米のもち米も売っています。
IMG_1315_convert_20120425062504.jpg

IMG_1317_convert_20120425070429.jpg

タン・フレール「陳氏百貨商場」
ヨーロッパ最大級のアジア食材店
大抵このお店で欲しいものが揃います。
IMG_1322_convert_20120425061752.jpg

店内はこんな感じ。
倉庫のような店内にたくさんの食材が陳列されています。
IMG_1340_convert_20120425062559.jpg

タイや中国のラーメンに並んで日本のラーメンも。
メイドイン・EUの出前一丁は一袋60円ほどで安いです。
IMG_1337_convert_20120425064048.jpg

キッコーマン・ヨーロッパの醤油は1リットルで5ユーロ弱(500円くらい)
なぜか普通の醤油と甘口醤油(SauseSojaSucrée)があります。
IMG_1343_convert_20120425070051.jpg

日本製のお味噌も5ユーロちょっと。
IMG_1342_convert_20120425063528.jpg

米酢やすし酢、みりんもあります。(となりの「ずめこ」という表示が気になりますが...)
IMG_1345_convert_20120425062543.jpg

アジア各国から送られてきた野菜やハーブも売っています。
(ゴボウ・レンコンなども売っています)
IMG_1347_convert_20120425063843.jpg

こちらに来てから豊富なアジア食材が気軽に手に入るので
むしろアジア料理にハマッている私は、
いつもアジアンハーブを買って冷蔵庫にストックしています^^
上から時計回りに「バジル(イタリア料理で使うバジルとは違う種類ですが、
タイ・ベトナム料理はこちらを使います)」「シャンツァイ(香菜)」「ミント」
これだけ買っても9ユーロ程度(1000円くらい)です。
P1110661_convert_20120425064646.jpg

これでベトナムのフォー(米麺の鶏肉スープ料理)や、
タイのグリーンカレーや炒め物を作ったりしています^^



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

ヤクルトの菌を使ったもの

昨日、スーパーでヤクルトを買おうと棚に近づいた時に見つけた飲み物。

ちょうどヤクルトの棚の真上にあった「L.casei」なるもの。
そういえばヤクルトの菌名は「「L.カゼイ・シロタ株(Lactobacillus casei strain shirota)」
LCasei_convert_20120219192348.jpg

「これは恐らくカルフールがヤクルト菌で作った飲み物なのでは?
とすると、味もヤクルトに近いのかな。。。」

などと、一度気になりだすと止まらない私。
イチゴ味とナチュラルがあったのでナチュラル味を購入。


開けてみると見た目は白く、少しとろっとしています。
P1110685_convert_20120219192353.jpg

飲んでみるとヤクルトではなく「飲むヨーグルト」みたいな感じです。
しかし、これはこれで意外と美味しい。

こちらは100g10個入りで2.98ユーロ。
ヤクルトは65ml7個入りで3.33ユーロ。
値段的に考えるとかなり安いです。


ヤクルトは冷蔵庫に常備してありますが、
これも気に入ったのでたまに買おうと思いました^^


ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。