パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ観光同行編_その1_アンヴァリッド見学

先月、知り合いの方がケンタッキー州から観光に来てくれました。

普段パリで生活していてもあまり観光名所に行かないので、
この機会に一緒に観光気分を味わおうと同行させていただきました♪^^

いろいろ周ったのですが、メインの観光をいくつかに分けて書いていこうと思います。

まずはアンヴァリッド(l'Hôtel des Invalides)
ここは国立の旧・軍病院、廃兵院で、1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として計画し
傷病兵を収容していた場所です。
入り口にはいかにもな感じの大砲が並んでいます。
Paris_Invalides_00_convert_20121214202952.jpg

建物の中庭にも大砲が。
Paris_Invalides_01_convert_20121214203058.jpg

戦車も展示されています。
Paris_Invalides_02_convert_20121214203120.jpg

こちらは教会。
上に掲げられている旗は擦り切れたりしていて、当時使用されていたものらしいです。
明るい感じの教会ですが、独特の静けさを感じました。
Paris_Invalides_03.jpg

そして教会の地下にはナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝ナポレオン1世)の柩が置かれています。
大きな石の柩の中で眠っているのでしょうか。しかし、連日周りに観光客がいて
横から上からと眺められるのは落ち着いて眠っていられるのか。。。なんて思いました^^;
Paris_Invalides_05.jpg

当時使用されていた軍服等も展示されていました。
(こちらの赤いズボンの軍服が、某国擬人化アニメのフランス兄さんの軍服かと思いきやちょっと違いますねw)
Paris_Invalides_04.jpg

思った以上に広く、スケジュールの関係上すべての展示を見る事が出来ませんでしたが、
個人的に気にいったので、また見に行こうと思っています♪♪

パリ郊外でヨーロッパ最大級の花火大

ちょっと前の話ですが、
9月の8日にパリの西郊外でヨーロッパ最大級の花火大会が催されました。

この花火大会はチケットを購入して会場の席(エリア毎にランクが分かれています)に座るのですが、
1時間前に到着するとすでに沢山の人が。。。
IMG_3169_convert_20121004062950.jpg


ようやく開場へ入れる事になり、しばらく歩いて自分の選んだエリアに着くと、
結構近い場所だなと思いながら辺りを見回してみると、
後ろには段になった席も用意されており、沢山の人が座っていました。
IMG_3174_convert_20121004063739.jpg


IMG_3173_convert_20121004064537.jpg


ようやく辺りが暗くなり、始まると同時に今回のスペクタクルのプロデューサーと
インタビュワーの方が登場し、約40分間花火を上げながら花火の歴史と各国の花火を紹介してくれました。
日本の花火ももちろん説明しており、大玉の牡丹を打ち上げてくれました♪
IMG_3176_convert_20121004064829.jpg


いよいよ花火大会が始まり、
今回の花火大会も音楽と光にあわせて打ち上がりました。
IMG_3226_convert_20121004065627.jpg

IMG_6991_convert_20121004065820.jpg





こちらの花火は空気が乾燥しているせいなのか、
使用している火薬の配合なのか分かりませんが、やたらと輝いて見えました。

しかし、使用している画像はよく撮れたものを使用していますが、
残念ながら観客席は風下になっていたため、
花火が立て続けにあがると煙が花火の前に来てしまうことが多々ありました。。。

そして見終わった後は花火の灰がたくさん服にかかっていました。
あとは音がすごく大きいので、始まってから応急処置としてティッシュを水で湿らせて
簡易耳せんを作り装着しました。それでも音楽と花火の音はちゃんと聞こえました。
ですので、こちらの花火大会に行かれる際は灰をかぶってもいい洋服と、
耳のデリケートな方は耳栓を持参する事をおススメします。

とは言え、音楽と光の中で打ち上げられる花火は日本のとは違いますが、
スペクタクルとして素敵なものでした(^-^)



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。


ボルドー市街&サンテミリオン観光

先日、1泊2日でフランスの南西部、ボルドー地方に行ってきました。

今回訪れたのはボルドー市街とサンテミリオン村。
TGV(フランスの新幹線)で3時間半程で行く事ができます。
現地でレンタカーを借り、まずはサンテミリオン村へ♪


ユネスコ世界文化遺産にも登録されているこの村は小さいながらとても可愛らしい村です。
IMG_2794_convert_20120730185209.jpg

ワインの産地でも有名な村で、私の好きなメルロー主体のワインを多く生産しています^^
今回は予約していた「シャトー・フィジャック(Chateau Figeac)」の見学をしました。
実はこのシャトー、サンテミリオンにしては珍しくカベルネ・ソーヴィニヨンの割合が多いワインなのですが、
説明を受けながら最後に試飲も出来ると言う事でこちらを見学することにしました。
IMG_6377_convert_20120730184942.jpg

こちらは葡萄畑。青い空ととてもマッチしていて良い眺めでした♪
IMG_6367_convert_20120730052608.jpg

中に入り説明を受けながら進んでいきます。
まずこちらの樽で果皮ごと発酵させますが、樽自体のお値段は日本円で約1200万円だそうです。高い^^;
IMG_6342_convert_20120729094206.jpg

その後、果皮を取り除き新樽にて発酵させます。
樽の真ん中が赤いのは発酵途中に樽からあふれるワインの色です^^
IMG_6346_convert_20120729001039.jpg

お仕事中のムッシュが担いでいるのは12リットルのワインボトル「バルタザール」
(注:MAGIシステムとは関係ありません^^;)
これ一人で飲んだら1週間くらいかかりそうだな。。。
IMG_6351_convert_20120728235319.jpg

最後はお待ちかねの試飲タイム♪
2003年を試飲させていただきました^^
IMG_2815_convert_20120728235818.jpg

次の日はボルドー市街を観光。
サンタンドレ大聖堂の横にあるペイ・ベルラン塔に登り街を一望。
上に登った後は景色が良くて感動したのですが、途中の螺旋階段が怖かった。。。
IMG_2859_convert_20120728212936.jpg

横にあるサンタンドレ大聖堂も上から眺められます。
IMG_6425_convert_20120730185454.jpg

こちらはいろんなお店が立ち並ぶメインストリート的な場所。
観光客でにぎわっていました。
IMG_6429_convert_20120728212538.jpg

その後いくつかのお店をみながら夕方のTGVでパリへ。
1泊2日と短い旅行ですが、なかなか楽しむことが出来ました^^



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

昔のパリ中央市場写真展

危うくお蔵入りになりそうな話題ですが、、、

2ヶ月前、学校の遠足的なイベントで
パリ市内で開催された写真展に行ってきました。
IMG_1750_convert_20120608195400.jpg

タイトルは「DOISNEAU PARIS LES HALLES」

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau(1994年没))と言う
フランスの写真家によって撮影された昔のパリ中央市場の写真です。

現在の中央市場はパリ市より南に8キロ程の「ランジス」という場所に
ヨーロッパ最大級の市場として存在していますが、当時のパリ市場風景を写したものが展示されていました。

当時の市場の様子
IMG_1801_convert_20120608210737.jpg

働いている人達のさりげない風景や、
IMG_1766_convert_20120608195556.jpg

IMG_1792_convert_20120608195713.jpg

売り残りの野菜を拾っている人達
IMG_1769_convert_20120608220358.jpg

解体の様子も写されていました。
IMG_1774_convert_20120608195631.jpg


現在この場所はショッピングモールなどがひしめく賑やかな場所になっているので
昔の面影はありませんが、
このように写真で残されていると当時の様子を見ることが出来てありがたいなと思いました。





ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

ハンバーガーと植物園

先日、いつもお世話になっているパリ在住のMさんとお会いしてカフェレストランに行ったときの事です。

ちょうど彼女の旦那さんもお昼ご飯をということで、
御夫婦の住んでいるすぐ近くのオシャレなカフェレストランへ連れて行ってもらいました。
IMG_1961_convert_20120521051606.jpg

パリではビストロやカジュアルなレストランでもメニューに「ハンバーガー」がよく載っています。
私はいつも他のメニューを頼んでしまうのでハンバーガーは頼んだ事がなく、
今回もチキンを頼もうとしたところ。。。
ギャルソンが来て注文をする際に、Mさんの旦那さんが

「セニョー」と、一言。

その言葉に敏感な私はすかさず
「え?ハンバーガーも焼き方指定できるんですか?」と聞くと、出来るとの返答が♪
ステーキなどを頼むときはいつも「セニョー(saignant:ミディアム・レア)」を頼む私は
興味を引かれ、思わず「私も同じのにしてください」と、初めてのミディアム・レアのハンバーガーを注文しました。

オシャレな盛り付けで登場したハンバーガーは見事にミディアム・レアで美味しかったです♪
(あまりに集中していた為、断面を撮るのを忘れました^^;)
IMG_1921_convert_20120521051744.jpg

実はお昼ご飯をすでに食べてしまっていたMさんが頼んだサラダがこちら「アボカドとエビのサラダ」
グレープフルーツの下に甘くない生クリーム、その下にエビとアボカド(ピュレ)が入っています。
お味の方は、、、私的にはグレープフルーツは別にして食べた方が美味しいと思いました(でも見た目はオシャレです^^)
IMG_1925_convert_20120521051647.jpg


昼食の後はMさんが用事があるのでお店の前でお別れしましたが、
その際に「この裏にジャルダンがあるから見ていけば?」と言われ、せっかくなので見てみようと思い
1人で入ってみたのですが、
実はジャルダンというのは私がずっと来たいと思っていた植物園の事だったのです♪♪
確かに、この辺りに植物園があるからMさんちから近いだろうと思っていましたが、こんなに近いとは!

「パリ植物園(le Jardin des Plantes de Paris)」は、
フランスに生息している何千種類もの植物が植わっている庭園で、植物好きにはたまらない場所です。
(動物もいるらしいですが、今回は植物園のみ見学しました。)
IMG_1928_convert_20120521052611.jpg

綺麗に囲まれた庭には種類分けされた植物が植わっています。
IMG_1960_convert_20120521051624.jpg

熱帯植物園(有料)も併設されていて見応え十分です。
IMG_1938_convert_20120521051736.jpg

晴れた日に散歩しながらいろんな植物を見られるのはなんとも良いものです^^
IMG_1958_convert_20120521051721.jpg

アルプスエリアには高山植物がたくさん♪♪
IMG_1948_convert_20120521061123.jpg

ピレネー山脈に登らなくても植物が間近で見られます*^^*
IMG_1944_convert_20120521061121.jpg

この後用事があったので十分に見学できませんでしたが、
次回はゆっくりと時間をとって再訪したいと思いました。

しかし、こんな素敵な植物園のすぐ近くに住んでいるMさんが羨ましいです^^
ハンバーガー美味しかったです!ご馳走様でした♪♪



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。