パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式@ノルマンディー

4月の終わりに知り合いの結婚式へ、パリから車で1時間半程の場所へ行って来ました。

今回の結婚式は、二人の親族共にすごく敬虔なカトリックという挙式。
教会内には200人以上の参列者が来ていました。
この日はあいにくの雨&低い気温。
しかし2人の幸せな様子はとても微笑ましいものでした♪
(式中は誰も写真を撮っていなかったので、終わった後に撮りました)
IMG_2003_convert_20120624061928.jpg

式の後は個々で車に乗りディナー会場へ。
まずはアペロという、立ちながらちょっとしたおつまみや飲み物を頂く時間が
2時間程あります。

ただ、私達は招待状に書かれていた住所が間違っていたため、
(そこだけ手書きだったので...もうっ!)
別の場所へ行ってしまい、土砂降りの雨の中車を飛ばし、着いたのが1時間遅れでしたが。。。

アペロでは綺麗なお花と共に楽しい会話が繰り広げられます。
IMG_2010_convert_20120624061527.jpg

その後、20時からは着席の披露宴会場へ。
受付に預けられるマダム達のお洒落な帽子たち♪♪
IMG_2022_convert_20120624060625.jpg

その後案内された席へ。
今回は270席の大きな結婚式でした。
会場は以前馬小屋だった場所をリフォームして作られました。
IMG_2038_convert_20120624052830.jpg

テーブルに座るとしばらくして新郎・新婦の入場。
半数が親族で、高校からの付き合いの2人の学友も参加という事もあるのか、
会場にいる人達はテーブルのナプキンを腕でクルクルまわしながら
歓迎の雄たけび状態(笑
(しかも椅子に登っている人多数!)
こちらに来てから何度か結婚式に参加していましたが、
これは初めての光景でかなりビックリしました^^;
IMG_2043_convert_20120624051512.jpg

その後新婦はお父さんからの結婚祝いに
大好きなサッカーチームの全員サイン入りのボールを貰って感激していました。

食事の時間が始まるとそこはやはりカトリックなのか、
他の結婚式よりもとてもシンプルなメニューでした。
普通は「前菜」から始まり「メイン」「チーズ」「デザート」なのですが、
今回はシンプルな盛り付けのメインが最初に来て、(量もかなり少なかったので同行した人は「前菜かと思った」と言う程)
そして次はちょこっと野菜とチーズ2種類、そして一口デザートが何種類か。

普段の結婚式のメニューに慣れてしまったせいか、
隣に座っている親族のおじさんは、私の表情を見取ったのか、
「このくらいで十分なんだよ。他の結婚式が量がありすぎなのさ。(&満面の笑顔)」と言っていました。
確かに他の結婚式ではかなりの量の食事が提供されるため全部食べられない事もあるけど、お祝いの席でも。。。?
と、カトリック教徒の慎ましやかさを感じた一瞬でした。

でもちゃんとフランスの結婚式には欠かせないクロカン・ブッシュ(小さいシュークリームで作られた塔)
は登場しました^^
IMG_2054_convert_20120623222820.jpg

食後はフランスの結婚式恒例のダンスタイム。
まず1曲目は通常通り優雅に社交ダンスから始まったのですが。。。

次の曲からはいきなり80年代のダンスミュージック!
(携帯のバッテリーがなくなって撮れませんでした。。。ゴメンなさい...)

そしてフランスのカトリックの方達に人気があるというダンス「ロック」。
どんなダンスかと言うと、二人が手を取り合って互いにクルクル回るという感じ。

80年代のアメリカっぽいダンスと言うと分かりやすいでしょうか。
皆さん老若男女クルクルと回り始め、はしゃぎながら踊りだしました。

今までの結婚式ではダンスタイムといえど、こんなに激しい踊りではなく
和やかなダンスタイムだったので驚きました。
その後ダンスはさらに盛り上がり、スモークまで登場し、まるでディスコクラブのような感じでした(笑

私は夜中の2時半で体力の限界を感じ引き上げましたが、宴はまだまだ絶好調でした^^
フランスの結婚式は気を使わないですが、体力をかなり使います(笑
しかし、お二人共とても楽しんでいるようで素敵な結婚式でした♪




ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。


コメント
No title
>フランスの結婚式は気を使わないですが、体力をかなり使います(笑

この一言ですべてを説明しきりましたな(笑


2012/06/24(日) 02:47 | URL | ariel #-[ 編集]
No title
arielさん、おはようございます!

そうなんです(笑
フランスの結婚式ってどんな感じ?と聞かれたら
この一言で十分だと思います^^;

最初は長いな~なんて思ったのですが、
慣れると意外に楽しかったりもします。体力以外はw

ただ、こちらの国のおじいちゃんおばあちゃんはとても元気です(笑
2012/06/25(月) 20:53 | URL | yuko #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【結婚式@ノルマンディー】

4月の終わりに知り合いの結婚式へ、パリから車で1時間半程の場所へ行って来ました。今回の結婚式は、二人の親族共にすごく敬虔なカトリックという挙式。教会内には200人以上の参列者が来ていました。この日はあいにくの雨&低い気温。しかし2人の幸せな様子はとても微?...
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。