パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルターニュの牡蠣

先日、とある用事でブレストと言う町に行ってきました。

ここはブルターニュ地方という場所の中のフランス北西端、フランス最大の軍港。

観光目的ではなかったので下調べをあまりしておらず、着のみ着のままで散策。
港に出たけれど、これと言って観光名所があるわけでもなく。。。
P1110475_convert_20120126232955.jpg

シュー生地を自転車の車輪に見立て、輪っかにしたお菓子「パリブレスト」と言うのがあり、
実はパリとブレストを往復する自転車レースの名前ですが、
それらしき案内もなく。。。自転車のムッシュは坂を駆け抜けていく...
P1110525_convert_20120126232949.jpg

ということで、ブルターニュといえば牡蠣!
牡蠣を探して彷徨っていました。
結局午後3時過ぎはレストランが昼休みなので、
ホテルで教えてもらった近場のお店へ。
P1110500_convert_20120126233002.jpg

フロントで教えてもらった時に、その人が
「牡蠣食べた事あるの?」と聞くので、ブレストでは初めてだなと思い、
「はい」と言うと、

「まず、パンにバターを付けて食べる、そして白ワインを一口、
そして牡蠣に、みじん切りのエシャロットが入った赤ワインビネガーをちょっとたらして食べるのさ!
これでエネルギーが出るんだよ!(満面の笑み)」
と、順序まで丁寧に教えてくれました(笑

頼んだ牡蠣はブルターニュ産ではなくMarennes Oléronのもの。
フランスの西、ボルドー地方のジロンド川の河口付近です。
とはいうものの、牡蠣好きなので美味しく頂きました^^
P1110504_convert_20120126233003.jpg

次の日は日曜日。
またしても牡蠣を求めレストランを探す(笑
他のお店が閉まっている中、見つけたのはブラッスリー的なお店。
ブラッスリーはレストランやビストロよりもカジュアルなお店で、
バーが併設されているのが一般的です。

ここではブルターニュ産の牡蠣を注文♪♪
嬉しくてお替りしつつ白ワインと頂きました^^
P1110537_convert_20120126232923.jpg


実は日本とフランスの牡蠣にはつながりがあります。

フランスの牡蠣は大きく分けて2種類あり、
平らなもの(ユイットル・プラ)Huîtres plate(ヨーロッパヒラガキ、ブロン(Belon)と言われる)と、
日本のように下が窪んだもの(ユイットル・クルズ)Huître creuseがあります。

こちらはHuîtres plate(Wikipediaより引用)
ちょっと丸みを帯びた平らな牡蠣です。
Huitres_convert_20120126232759.jpg

約50年程前、フランスの牡蠣がウイルス性の病気で死んでしまうという大事態がありました。
その時に、宮城県から真牡蠣の稚貝を取り入れ養殖に成功。
現地の牡蠣と品種改良も加えることで、地元にあった品種も復活させることが出来たそうです。
その成果のおかげで、現在フランスでは牡蠣の養殖が途絶えることなく続いています。

そして、去年の東北大震災で壊滅状態となった三陸のカキ。
その養殖業者達へ、フランスのカキ養殖業者が
筏や縄、作業着など、カキ養殖に必要な道具7トン相当を三陸に送ったのでした。
その名も「France o-kaeshi(フランスお返し)」作戦。

人が困った時には助けてあげる。
そうすれば自分が困った時に誰かが力になってくれる。
「情けは人のためならず」
という日本人の美徳を感じながら
牡蠣を頂いたのでありました^^



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。
コメント
No title
o-kaeshi !
あはは、シャレた表現だなぁ。遊びが効いてて気持ちがいい。
ついマジメになってしまう日本とは気質が違うんだな、やっぱり。


それにしても町にゴミが一つも落ちてないなんて、すごなぁ。

2012/01/31(火) 00:36 | URL | ariel #-[ 編集]
フランスと日本の牡蠣のお話。いいお話だねぇ。
『情けは人のためならず』最近、特に思います。
でも、ほんと牡蠣好きだね!!
私も昔は牡蠣をチュルチュル食べてたのよ~(;^_^A
2012/01/31(火) 11:22 | URL | ガーベラ #-[ 編集]
No title
arielさん、おはようございます!

ネーミングのセンス。
堅苦しくせずに、親しみを感じる所がフランス人らしいですよね。

パリの街はゴミがよく落ちていますが(ゴミだけでなくいろんなモノが落ちていますが。。。)
地方の町に行くとゴミが落ちていなくて感動します^^
2012/01/31(火) 22:04 | URL | yuko #-[ 編集]
No title
ガーベラさん、おはようございます!

はい。本当にいいお話ですよね。
フランスのカキ業者の方達にも感謝です^^

牡蠣大好きなんで思わず食べ過ぎてしまいました^^;
2012/01/31(火) 22:15 | URL | yuko #-[ 編集]
フランスの牡蠣の
ルーツはさかのぼれば日本から輸入したものなんですよ。
日本人に「牡蠣食べたことある?」なんて本当に愚問w
そのブルターニュのホテルのフロントの人に教えてあげないと!
「あなたの国の牡蠣の先祖は日本から輸入した日本製の牡蠣なんだよ」と。

それにしてもフランスの牡蠣の身の薄いこと薄いこと。。。
日本の身の厚いプリプリした牡蠣を見せてあげたいものです。
フランスは牡蠣の身までケチ臭い!?(笑)
2012/02/06(月) 13:47 | URL | dalida #-[ 編集]
No title
dalidaさん、こんにちは!

あまりにもフロントの人が嬉しそうに教えてくれるので
なんだか日本の牡蠣の事説明するタイミングを逃してしまいました^^;

確かにこちらの牡蠣は身が薄いですね~。
そしてサイズは大抵一回り小さいし。

日本の牡蠣ならば6個も食べれば満足ですが、
こちらは倍くらい食べないと満足しませんよね。
結局15個食べてようやく満足といったところでした。
2012/02/07(火) 12:54 | URL | yuko #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。