パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリでウィーン・フィル

11月28日に、パリのシャンゼリゼ劇場にて
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴きに行ってきました。

この日はパリでは最終日。
ベートーベン交響曲第8番、第9番が演奏されました。

実はベートーベンはそんなに好きな作曲家ではないですが、
最近気になっていた指揮者のクリスティアン・ティーレマンがタクトを振るということで
是非聞いてみたいと思いました。
(あとはシャンゼリゼ劇場に入ってみたいという好奇心から^^)

外観はこんな感じ。(実は開演16時だったので明るかったのですが、あわてて入った為に撮れず、
出た時の写真なので夜です^^;)
IMG_0200_convert_20101203033608.jpg

私は一番上の階。。。
(下の席は高いので、今の学生の身分ではちょっと。。。)
でも33ユーロとは、さすがウィーンフィル...
階ごとの奥行きがあまりないので、ほとんど席の前に歩く場所がありません。。。
IMG_0173_convert_20101203033259.jpg

劇場自体はこじんまりした感じ。
座席数は2000席ほどとのこと。四角い窓からも立ち見の人がたくさんいます。
IMG_0174_convert_20101203040213.jpg


天井にはギリシャ神話の神の名前や、それの絵が描かれています。
この写真だとよく見えませんが、(上の写真なら見えるかな?)
文字を見てみると、「U」と思われる場所に「V」の文字が使用されていました。

こっちの人に聞いてみると、昔は「U」という文字がなく、「V」を使っていたそうです。
でも、「じゃあ、「V」を使った文字はどうするんだろう?発音は?勘で読み分け?」と、
初心者にありがちな自然な疑問が次々と発生しましたが、
それを問い詰めて行くと長いことになりそうなので、深くは追いませんでした。。。(汗
IMG_0185_convert_20101203033528.jpg


急な場所の上から観ているので、楽団自体は半分しか見えませんでしたが、
楽団のすぐ上で演奏を聴くのも面白い感じでした^^
そして、彼の指揮も素晴らしく、とても感動しました。
いつか彼が振るワーグナーの曲を会場で聴いてみたい。。。そう心に決めながら、フィナーレ。

写真中央、青色ドレスの左の方はオペラ歌手の藤村実穂子さん。
ここでも日本人が活躍しているなんてすごいですね。^^
IMG_0190_convert_20101203033913.jpg

アンコールはありませんでしたが、とても素敵な演奏でした。
しかし、ベートーベンの「第九」というと、いつも日本では合唱のイベントがたくさんあって、
年末のイメージが強かったせいもあり、
11月なのにもう12月末のような心境で帰ってきました。
(もうすごく寒くて雪も降ったら溶けていないままなのでいいんですけどね。。。)




ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。





コメント
UとV!
Uと思われるところにV・・・思い出しました。
私もどっかでソレ見てます。
(どこだ?ワシントンDCだったか、ボストンだったか・・・)
漠然となんでだろーと思ってました。
2010/12/15(水) 02:19 | URL | すずき@アメリカ #/pdu0RA.[ 編集]
No title
すずき@アメリカさん、こんばんは!

アメリカでも書かれているところがあるんですね^^

UとVって似ているけど、あるとないとじゃかなり違うのに、
昔の人はどうやって発音していたのだろうと興味がありますが、
その事を調べていくとどんどんハマりそうなので今は保留しています。。。^^;
2010/12/16(木) 00:01 | URL | yuko #-[ 編集]
No title
かっこえぇぇぇぇ。ほんまもんのオペラ劇場や!

なんかブルジョアな感じ

VがもともとU(ユー)だからW=VV=だぶるゆー だと知ったのはごく最近w
2010/12/16(木) 12:53 | URL | むっく #-[ 編集]
No title
むっくさん、こんばんは!

かなり急な角度の席でしたが素敵な劇場でした^^
いつか、でっかいほうのオペラ座にも行ってみたいと思っています♪

「だぶるゆー」ってダイレクトすぎて妙に納得してしまいますねっ!
名付けた人はかなり考えたのか、それとも直感だったのか気になるところです...(笑
2010/12/18(土) 11:59 | URL | yuko #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。