パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの詐欺師にご注意。

先日、パリで詐欺に遭いました。

場所は日本大使館の近く。

次に被害者が出ないように書いておこうと思います。

内容は、

歩いていると後ろから車に乗った男性が声をかけてくる。
(車は白かオフホワイトのフィアット(イタリアの車))

手に地図を持っていたので道を聞くのかと思い近寄ってみる。

そうすると、なぜか自分はスタイリストで、今日はパリにコレクションがあったので来た。
とても良い街なので、君になにかプレゼントしたい。
と言ってくる。

君は日本人?と聞かれ、「ハイ。」というと
「僕の職場にも日本の女性がいるよ。名前は○○(忘れましたが普通の日本女性の氏名)
銀座とかにもたまに行くよ。君は東京に住んでる?」
と、やたら親日家っぽく聞いてくる。

怪しいので、「いりません」と言うと、なにか訳ありな様子。。。
(ホントはここで無視して通り過ごせば良かったんだけど!)
つい、理由を聞いてしまいました。。。

そうすると、今夜南フランスで別のコレクションがあるんだけど、
ガゾリンがなくて困っている。クレジットカードが使えないから今お金がない。
と言ってくる。
そして名詞となぜかイタリアのパスポート(本物かどうかわからないけど)を見せられる。

そして、お礼にサンプルの洋服をあげると言って袋からコートをちらりと見せる。
P1050218_convert_20100918075847.jpg


で、連絡先のカードを袋に入れて、ミラノに帰ったらお金を返すよと言う。
そして是非遊びに来てくれと執拗に言ってくる。

それで少しのお金ならカンパしてもいいかなと思うと、
「お金はいらないの!いらない!ガソリンがほしいの。」と、
今まさにガソリン切れの状態のメーターを指さす。
そして、「僕は結婚してるから」とか、「カフェもいらないからガソリンがほしいんだ」
と切羽詰まった表情で言ってくる。
そしてガソリン代くらいなら70ユーロくらいかなと思い、
「近くのガゾリンスタンドまで一緒に来て」と言われ車のトビラを開けられて乗ってしまう。

そうすると、紙に南フランスまでの距離とガゾリン代の計算を始める。
トータルで330ユーロ必要と言われる。
(この時すでに相手を信じているのと、時間がないと言われ、他の人にまた交渉させるのはかわいそうと
思ってしまう)
しょうがないのでATMでお金をおろして相手に渡す。

お礼と言われコートとバッグを無理やりくれる。
P1050215_convert_20100918075721.jpg


そして私は車から降りてさよならと言い、車を見送る。

帰宅してみてみると、偽皮の製品でサンプルでも何でもなくてタグまでついてる始末。
連絡先のカードはいつの間にか抜き取られている。


文章で書くと、なんだかバカらしいくらい冷静に判断できますが、
その時は相手の演技力がすごくてまさに「助けてあげなくちゃ」と思わされます。。。

しかも、「僕はガソリンの為に食事もコーヒーも飲まずに行くよ」と言われ、
結局かわいそうに思い、おまけに45ユーロ多くあげてしまいました。



この話をこっちの人にも言ってみたところ、
その人も2日前、オペラ座の近くで同じような内容で声をかけられたそうです。

その時は男性2人組で白い車だったそうですが、
「これからアメリカに行くんだけど、ブランドの洋服を買い過ぎて飛行機で税金を
とられるから持って行けないのであげるよ」
とのこと。やはりイタリア人と言ってパスポートも見せようとしたらしいです。

その時もやはり「日本人?」と聞かれたそうです。

なので、観光地辺りで日本人を狙った詐欺グループかなと思いきや、
ネットで調べると、オペラ座辺りでフランス人なども同様の被害に遭っている書き込みがありました。

数年前からある詐欺内容で、やはりフィアット等の車に乗った男性。
ブランドのシャツをあげるとか、安く売ってあげるとかで
偽物の洋服やコートを売りつけるようです。

最初はすごく警戒していたのに、本当に困っているような話術でだまされました。
人の親切心をこんな形で利用するなんてホントにひどい人たちがいるもんだなと思いました。
これに懲りてもうこんなことは協力してあげないのが良いなと思いました。

もし、こんな感じの人に声をかけられたら、出来れば車のナンバーを覚えて通報してほしいですが、
無視して通り過ぎるのが一番だと思います。



この怒りをどこにぶつけようかと思っていたところ、
以前頼んだ鉄拳6(コントローラ付属)がいいタイミング(?)に届いたので、
P1050223_convert_20100918080120.jpg

もう、こうなったら今夜は徹拳だ~!(徹夜で鉄拳の略)






ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。