パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ・イエナのマルシェ

先日、行きたかったマルシェの一つ
Marché Président Wilson(マルシェ・プレジドン・ウィルソン)に行ってきました。
最寄り駅の名前を使い、通称 Marché D'Iena(イエナのマルシェ)と呼ばれることもあります。

露店タイプのマルシェで明るい感じです。
marche_iena_09.jpg


お花屋、八百屋、魚屋、肉屋など、色んなお店が軒を連ねます^^
marche_iena_02_convert_20130404213302.jpg

イタリア料理など、隣国の料理を出しているお店もちらほらあります。
marche_iena_01_convert_20130404213235.jpg

露店マルシェでもちゃんと鶏の丸焼き機械を持ってきて焼いています。
閉店後トラックで移動するので、いつも大変そうだな~と感心します。
marche_iena_08_convert_20130404213505.jpg


今回の目的は、
Joël Thiébault(ジョエル・ティエボー)さんという
料理人の方も買いに来るという有名な野菜作り手さんのお店。
たくさんの野菜や人参が売られていました♪
marche_iena_07_convert_20130404213444.jpg


今回購入した野菜たちはこちら。
フレッシュのニンニクは切っただけでも表面に液体が出てくる程ジューシーでした。
marche_iena_05_convert_20130404213408.jpg

赤くて丸いのは(てんさいの仲間(Betterave Chioggia)
これは切ると断面が赤白の渦になり可愛いです。
(ちゃんと真中を切れば良かったですね^^;)
marche_iena_04_convert_20130404213342.jpg


紫人参は一見中まで紫かと思いますよね。
でも、切ると中はオレンジ色なんです^^
味も普通の人参より少し甘いです。
marche_iena_06_convert_20130404213425.jpg

色鮮やかで美味しい野菜だと、サラダにしても見た目が可愛いので気に入っています♪



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

スポンサーサイト

パリで食べて踊れる中華レストラン

先週、パリの13区では旧正月のお祭りがあり、道ではパレードなどが行われました。

少林寺の子供達がメインになって獅子舞をかぶり、レストランに入って来てくれたりもします^^
こちらのお店はパリストアと言うスーパーの2階にあるレストランなのですが、
前夜祭的な感じで、夜の9時頃に来て舞を披露してくれました♪
Fete_01_convert_20130226065735.jpg

このお店にはいろんな用事で週末よく来るのですが、
お店の雰囲気も賑やかで、料理も美味しいので気に入っています^^
fete_00_convert_20130226070452.jpg

北京ダックを頼むと、テーブルの横で店員さんが手際よくさばいてくれます♪
fete_03_convert_20130226065822.jpg

このレストランの名物は北京ダックや伊勢海老などの料理だけでなく、
客席の中央に陣取られたスペースで、生の演奏と歌をバックに踊れると言うところです。
週末のみ開催されているようなのですが、私はいつも週末の夜に行くので
毎回このダンスタイムに参加するようになりました(笑
fete_02_convert_20130226065759.jpg

いつも夜中の2時近くまでいたりするのですが、全然終わる様子がありません。
若い人から熟年の老若男女が楽しく踊ります。
最初は戸惑いましたが、何度も行くうちに慣れてしまい、
時には食べながら曲を聴き、好きな曲になったら踊りに行く。
そんな週末が結構気に入っています♪(^0^)



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

2013年のガレット・デ・ロワのコンクール優勝店

1月になるとパン屋さんやお菓子屋さんで売られ始めるガレットデロワ。

パリ、その周辺の店を対象として毎年行われているガレット・デ・ロワのコンクールがあります。
(去年のお店はこちら⇒「ガレットデロワ2012」

大抵1はパリ市内なのですが、今年の優勝者&上位3位はすべてパリ郊外でした。
(しかも電車だと行きづらい場所。。。)
最初はめんどくさいので今年は行かなくていいやと思っていたのですが、、、
しかし、パリ市内のお店を押しのけて優勝したとなると
どんな味なのだろうという好奇心から、結局車で他の用事がてら行ってみました(笑

オ・トロワ・プティ・ミトロン(Aux Trois Petits Mitrons)
場所はパリ市の端から南東に13,4キロ程の場所です。

2店舗あるのですが、日曜の午後もやっている方のお店へ。
galettedesrois04.jpg

店内は気さくな町のパン屋さんと言う感じです。
galettedesrois02.jpg

優勝したガレット・デ・ロワが並んでいます♪
galettedesrois03.jpg

トロフィーもちゃんと飾ってあります。
galettedesrois01.jpg

こちらが買ってきたガレット。
生地はサクサクでとっても軽く仕上がっています。
中のアーモンドクリーム(フランジパーヌ)も軽めに仕上がっていて、
全体のイメージがすごく軽かったです。
galettedesrois00.jpg

これはこれで美味しかったのですが、
私個人的にはやはりどっしりと中にクリームが入っている方が好きです^^




ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

年末の年越しそば

遅くなりましたが。。。

明けましておめでとうございます!(^-^)

大晦日のパリはエッフェル塔の近くや、それが良く見えるトロカデロ、
シャンゼリゼ通りにたくさんの人が集まってお祭り気分に浸るらしいですが、、、
私はまだ参加したことがありません。

理由は、大抵は若者がスパークリングワインやお酒を持ってきて
(でもフランスは路上飲酒禁止なので警官に見つかると取り上げられ、
道にお酒を捨てられます。。。もったいない^^;)

はしゃぎ過ぎた人は警察に怒られたりしているし、
エッフェル塔に関しては花火も上がらずに集まるだけでカウントダウンの何かもありません。
時間になると前回書いたブログのようにエッフェル塔がキラキラするだけです。
(個人的に花火をあげる人はいますが。。。)
帰る時もメトロがすごく混雑するので大変だからです。

今年はシャンゼリセだけで警察官が3000人動員されたらしく、TVで見るだけでもすごい人でした。

と、言うことで毎年年末は家でゆっくり過ごすことにしています。

いつも年越しの際にはそばを食べたいので下手なりにこちらのそば粉で打つのですが、
一昨年、去年はちゃんとした蕎麦の形とは良い難いものが並んでいました^^;

今年こそはちゃんとしたビジュアルのそばを食したいと思い、
去年壊れた電動パスタマシンのパーツに見切りをつけ
大晦日に近くの雑貨屋さんに手動パスタマシンを探しに行きました。

その甲斐あり、一応大晦日にちゃんとしたビジュアルの手打ちそばを
自宅で食すことが出来ました♪
でも、このくらいの細さにすると茹でる時に結構蕎麦が切れてしまうので
まだまだ改良が必要です。。。
P1130038_convert_20130110201042.jpg

そして毎年恒例(?)になったカウントダウンはTVのフレンチカンカンを見ながら♪
P1130029_convert_20130110200758.jpg

今年もよろしくお願いします♪♪


ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

日本ぽいキャベツ

フランスで売られているキャベツと言えば、

まるでボーリングの玉のように真ん丸。
切ると隙間なくぎっしりと詰まって巻かれている分厚い葉。

もう一つは、しわしわのサラダにしても美味しくない煮込み用のちりめんキャベツ。

と、日本のキャベツとはかけ離れた様相をしているのですが、

最近スーパーで見つけたこちらのキャベツ。
kyabetsu_00_convert_20121202105615.jpg

見た目も日本のキャベツっぽいので試しに買ってみました。
(しかも2012年の人気がある、各食品分野ごとに貼ってあるシールも。)

切ってみるとこんな感じ。
キャベツの葉の間に「隙間」がある!!(喜)
kyabetsu_01_convert_20121202105643.jpg

葉自体は日本のものより少し厚い気がしますが、甘みがあり美味しいです。
千切りにしても美味しくいただけて、くし形に切って味噌ディップなど付けて食べても美味しいです♪

まぁ、アジア食材店では、極たまに日本のキャベツみたいなのが売っていますが
(しかし直径40センチくらいでかなり大きい。。。)

このクオリティで普通のスーパーで手に入れる事が出来るのはとても貴重です(^0^)♪



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。