パリ、近郊について、日常生活をしていて気付いたことや思ったこと、(一緒に過ごしているインコ達のことも)を書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのラップ

切れない事で有名なフランスのラップ。

値段に幅はあるものの、大体2~3.5ユーロくらいで近くのスーパーで売っています。
しかし、値段が良いからと言って切れやすいわけでもなく、
安いものだと歯が紙なので、切る時にラップが伸びてグニャッと曲がったりします。。。

そんなラップ発展途上国フランスなのですが、
最近スーパーで見かけた新商品らしき一品がこちら。
P1110855_convert_20120407055321.jpg

一応「NOUVEAU(新しい)」と書いてあるけど
ラップコーナーにひっそりと追加されていたので、いつから発売されているのかは不明です。
(この国は新商品が出ても、POPなどで大々的に宣伝することはほとんどないので。。。売る気があるのかしら?(汗)

そして、「Facile à couper (簡単に切れます)」 との宣伝文句が!
ようやく気が付いたのか、もしくはフランス人でない人が考えたのか。。。
とにかく、淡い期待を胸にしてレジへ。

いそいそと帰宅し、早速使ってみることに。
ちなみに長さは微妙な32.5cm。。。(長い!)
P1110857_convert_20120407054942.jpg
この国のラップは短いのがなく、大体28cm、30cm、32cmなどばかり。
ちょっと使いたい時でも長いのを使わなくてはなりません。

開封時。
箱自体も微妙な作りで、すでに箱のフタが歪んでいます。
P1110858_convert_20120407055038.jpg

こちらの赤い物体(なんだろう?...多分赤唐辛子か何かをモチーフにしている...)
その下に光る刃のようなもので切るようです。
P1110865_convert_20120407055110.jpg

実際に使ってみたところ、1回目は見事失敗。
緑色のラインにラップを引っ張りながら接着させないとラップがよれて悲惨な結果に。。。
何度か練習して、ようやくそれに気づきました...

使い慣れてくるとまぁまぁなのですが、
容器にピッタリ付いてくれないので

「ラップを緑のラインにピッタリ付ける」
「ふんわりと容器の上に置く」
「ちょっと勢いをつけながら赤い物体でラップを切る」

というような3ステップを踏まないとキレイに切る事が出来ません。
日本のように、
「ピッとピッタリ、サランラップ」や、
「クルッ、クルッ クレラップ」
のようにはいかないのであります。(悲

どうか日本のラップ会社の方、
是非、フランスのラップを何とかしてあげてください。よろしくお願いします!



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。
スポンサーサイト

炊飯器その後。。。

以前書いた「炊飯器が壊れました」の続きで、
うちのジャーニーちゃん(炊飯器)は今も昏睡状態(壊れたことを認めたくない)が続いています。。。


その事をいろんな人に言っていたら、親切な方が、
「使ってないからあげる」と、炊飯器をくれました♪(喜
これでご飯が炊ける~♪

ニューフェイスのシルビアちゃんはスイス生まれ。
「スイッチはひとつ!」の一途な炊飯器♪もちろんタイマーなんて使わない直球勝負☆
P1050146_convert_20101002001116.jpg

こっちの炊飯器はガラスの蓋で、とてもシンプルな作りです。
これは炊飯と同時に野菜等も蒸せるパーツ付き。
P1050142_convert_20100910201037.jpg

炊飯自体は意外と勢いがいいです。
P1050148_convert_20100910203151.jpg


出来上がりはこんな感じ。
お気に入りのご飯茶わんでパチリ♪
思っていたより普通のご飯に炊きあがりました。
P1050857_convert_20101002065025.jpg



しかし、シルビアちゃんはスイッチを入れると途端に沸騰体制に入るので、
(スイッチを入れてから切れるまで15分かからない速さ...)

それ以外の項目
(浸水、蒸らし)をやらないと芯の残ったご飯になります。。。

でも、彼女は与えられた仕事をよくやってくれるのでとても重宝しています♪


しかし、お米をセットしたら「炊飯」ボタンを押すだけでいい日本の炊飯器は
「やっぱりすごいなぁ。」と、実感しました。





ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

ストレス解消?

最近の日本のスーパーでは、
果物ジュースといえば紙パック、もしくはペットボトルが主流で、ビンは少ししか
置いていないかと思いますが、
こちらではビンのジュースをよく見かけます。(しかもオレンジジュース系が多い)
値段も紙パックやペットボトルと変わらない値段で売っています。
P1010927_convert_20100503000115.jpg

最初は「ビンは重いからな~ペットボトルでいいかも。」
と思っていたのであまり買わなかったのですが、

道に設置された回収ボックス?(デカイですが)に捨てる時、
ちょっとした気持ちの変化が。
P1010932_convert_20100503000345.jpg

大きさは車の高さより高い感じ。
かなりの回収量。
P1010931_convert_20100503000249.jpg

これに空ビンを放り込むわけですが、
(最初にジュースのビンと書いておきながら食前酒のボトル!すみません...^^;)
入れたときに「パリーン!」と気持のよい割れる音がします。
ちょっとしたスッキリ感。
P1010933_convert_20100503000427.jpg

中にたまりすぎて高さが足りないと割れないので、そんな時はちょっとそんした気分ですが...
その理由で、最近は好んでビン製品を買うようになりました(味よりもビンであることが大事...)

こんなデカイ物体をどのように回収しているのかな~と思ったら、
クレーンで持ち上げて中だけ回収していきました。豪快。
IMG_0097_convert_20100503001157.jpg




ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

ふわふわの物体

これ、なんだと思いますか?
P1010868_convert_20100428223035.jpg



食パンみたいですが、キッチン用スポンジです。
これは薄くて大きさも食パンサイズので、下が厚みのある片手サイズのスポンジ。
P1010867_convert_20100428223141.jpg


こちらではこのようなカバーの付いてないフワフワしたスポンジが
色々なサイズ、厚さで売っています。
(私は大きいほうをキッチンのフキン代わり、片手サイズを食器用に使っています)
P1010862_convert_20100428225701.jpg

このスポンジはただ食器を洗うだけやキッチン用だけでなく、
学校でも活躍しています。

用途は黒板消しの代わり。
黒板の横に水を入れたバケツを置いて、それに浸し、絞って黒板を拭きます。
(まず黒板消しがないことに、ビックリしましたが...)

でも、粉が飛ばないので良いと思いますが、
中にはバケツの中でスポンジをちゃんとすすがないで消す先生がいるので、
その場合は黒板がかなり白くなり、字が見えにくい場合があります。。。

しかし真冬の寒い時は、バケツに何度も手を入れて洗っている先生のことを思うと、
ホントに大変な作業だな....お疲れ様です!
と、いつも思い、感謝するのでした。



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。

洗濯用洗剤は。。。

記念すべき1回目の記事は何にしようかと迷ったのですが。。。
タイトル通りに日常生活に関することにしました。

で、
ショックだったのがこちら。
洗濯用の洗剤は粉も液体もあるのですが、
今買ったのはジェル。
(しかも日本であるようなのと違い、固め。
ゼリー...では...?)
なのはいいのですが...

入れ物のカップまで洗濯機に入れてしまうのでした。。。
(右下の、青い物体)
ジェル洗剤



なんとなく、違和感が...

だって、
水が満タンになってあれが溶けるまで
(カップの中に入ってるから
溶け方もまばらではないかと...)

思うのですが、、、
カップも毎回中にあるから生地を傷めないのかと...


説明書きにも器ごと入れろと...



こっちでは洗濯に使用する水は温度を調節できるので
綿とか熱いお湯で洗ったりします

気をつけないと今の日本ではないような
大人用衣類が子供用サイズに出来上がったりします...(経験済)

その後はいつも冷水で洗ってますが...
いつもヒヤヒヤしながら洗い上がりを確認してます。。。



ランキングに参加しています。
押していただけると励みになります。
最新記事
プロフィール

yuko

Author:yuko
1975年、東京台東区生まれ。
2010年1月渡仏。パリ在住。
(その際飼っていたボタン3羽、コザクラインコ1羽を連れてきました。
(手続きが大変でした!(ボタンインコはワシントン条約にかかるのです...)!でも、かわいい家族は置いていけないので必死で頑張りました。
おかげ様で現在フランスで元気に過ごしております♪(2羽こちらでお迎えし、現在6羽)))
現在はパリにてフランス語を勉強しています。
こちらに来て、日本にいるとき以上に日本人になった気がする
今日この頃...


【インコーズ紹介】

kyokyo.jpg
『キョウ』 ♀
ブルーボタン
生後3週間でお迎え。
他のインコより人間と遊びたがる。
ハムスター用の玩具「くるくる車輪」を
すごい速さで走ることができる。


bobo.jpg
『ボー』 ♀
白ボタン
生後4週間でお迎え。
鳴き声が「ピピッ!」じゃなく
「フィフィッ!」とおかしい時がある。
アタックしても想いが届かないピヨに片思い中。


o-chan.jpg
『オー』 ♂
山吹ボタン
生後3週間でお迎え。
臆病な性格で、手でヒマワリをあげる時に
いつも怖がりながら奪っていく。。。
ムーちゃんが大好き♪


mu-chan.jpg
『ムー』 ♀
小桜インコ
生後3週間でお迎え。
いつもシブくたたずんでいる。
あまり怖がらずにどこでも行くタイプ。
ブランコ好き。


si-tan.jpg
『シー』 ♂
ブルー?白ボタン?
生後3カ月程のころ、
シテ島の小鳥市場にてお迎え。
手に良い思い出がないのか
いつも手を近付けると逃げる。。。
キョウちゃんのことが大好き♪


piyo-tan.jpg
『ピヨ』 ♂
2歳半のころお迎え。
とても優しくてほとんど噛まない。
一羽で放鳥しておくと
まるでぬいぐるみのように静か。
ご隠居のようなインコ。


『モーさん(MO3)』 ?
ムーちゃん(小桜)とオーちゃん(ボタン)
から産まれた子。
小桜とボタンの子なので
「八重桜インコ」になります。
人間は好きですが、
いろんなモノに怖がり。
インコの玩具も苦手で、
粟穂も苦手。。。


『キュー』 ?
キョウちゃんとシーちゃんの秘蔵っ子
生後半年を過ぎてもまだ上手く飛べない。
おかげで一緒に外出できるのが嬉しい。
2011年11月29日永眠

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。